ご 冥福 を お祈り いたし ます。 「ご冥福」の意味や使い方を解説。宗教によっては使用できない?

「ご冥福をお祈りします」という言葉の間違いのない正しい言い方

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

例文四: My condolences. お伺いできず、申し訳ございません。 カトリックとプロテスタントで多少の違いはありますが、キリスト教では、人はこの世での生を終えると神のもとに「召される」、つまり天国に帰っていくと考えます。 以下、詳しい解説です。

12

「ご冥福をお祈りします」の意味とその使い方とは?言い換えの表現も解説

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

〇〇さん、どうか今後も天国で、私どもをお守りください。 葬儀では生前の故人に思いをはせ、故人を悼み、故人が死後の世界で安らかであるよう祈りを捧げます。 浄土とは、仏様の住む清らかでけがれのない国土のことです。

「ご冥福をお祈りします」の意味とその使い方とは?言い換えの表現も解説

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

在天 ざいてん の霊よ、安らかなれとお祈りいたします。 親しい友人や親戚の場合は問題ないのですが、仕事上の上司や、日頃お付き合いがない相手などで目上の方には避けた方が良い場合もあります。 ご遺族の方との会話で使う際には、誰に向けた言葉なのかを示すために主語を含めて使うと、よりわかりやすく伝えられますよ。

3

「ご冥福をお祈りします」という言葉の間違いのない正しい言い方

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

今回は、相手の気持ちを汲み取る内容、言葉の選び方などお悔やみメールのポイントをお伝えします。

19

「ご冥福」の意味や使い方を解説。宗教によっては使用できない?

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

弔問の場合 仏教形式の葬儀や告別式では「このたびはご愁傷様でございます」「このたびはお悔やみ申し上げます」などを使います。 特にキリスト教では、一般的に死を神様のもとに召されることとしています。 また、 「 身体を大切にしてください」「 手伝えることがあれば気軽に声をかけてほしい」といったような相手の身体を気遣う言葉や力になりたいという気持ちを伝えるのも喜ばれるかもしれません。

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

いたし ます お祈り 冥福 を ご いたし ます お祈り 冥福 を ご

本来であれば弔事に伺うべきところではございますが、 略儀ながらメールにて失礼いたします。

2