これが 愛 じゃ なけれ ば なんと 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 馬と鹿 米津玄師 歌詞情報

米津玄師

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

なぜなら、機械が発達する前は、移動手段として用いられており、たいへん貴重で高価なものだったからです。 ドラマ第1話のラストでは、闘争心にみなぎった君島や、ラグビー部の選手たち。 やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。

米津玄師 馬と鹿 歌詞&動画視聴

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

やりきれない気持ちが伝わってきますね。 花に一つ一つ名前があり、それぞれの花言葉があるように、チームメンバー1人1人にも名前があって、各々の特徴があります。

13

米津玄師 馬と鹿 歌詞&動画視聴

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

過去形なのか。

10

ブサイク「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか僕は知らなかった」

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷あと 隠して歩いた そのくせ 影をばらまいた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛みしめた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に尋ねることは 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように 微笑むことが うまくできなかった ひとつ ただひとつでいい 守れるだけで それで良かったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも 奪えない魂 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに 花の名前を 「君じゃなきゃ駄目だ」と 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない 作詞作曲:米津玄師 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない. なので、今後フルコーラスで公開されると、また違ったストーリーが描かれるかもしれませんね。 ある意味では、 「似て非なるもの」という表現でも取れますね。 容赦ないそのサイクルは、私を救いもするし削りもする。

ブサイク「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか僕は知らなかった」

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

魂までも溶け合うような時間を過ごせたからこそ、その全ての記憶ごと。

2

馬と鹿 歌詞『米津玄師』

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

という意味を持つ言葉。 記憶のなかでさえ、貴方は私を優しく振り回す。

1

米津玄師 馬と鹿

なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛 なんと なかっ なけれ のか 呼ぶ 僕 は ば 知ら これが た じゃ 愛

まだまだ諦めたくない。 ここで更にタイトル解釈を深読みすると なぜ「馬鹿」ではなく「馬と鹿」なのか。 そして、 この曲全てを聴き終えたとき、この「馬と鹿」のタイトルに込められた意味が分かると思います。

17