レイカーズ 対 ピストンズ。 レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

ロサンゼルス・レイカーズ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

優勝: () シーズン中の主な移籍 [ ]• 4得点、通算1,865得点をあげて2年連続の得点王とオールNBA1stチームに輝く。 1994• カール・マローンを放出したユタ・ジャズは、もこのオフに引退している。

ロサンゼルス・レイカーズ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

そしてマイカンを獲得する権利を得たのが1946年に誕生したばかりのデトロイト・ジェムズだった。

1

デトロイトピストンズ V/S ニューオーリンズペリカンズ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

4リバウンド、通算1,007リバウンドをあげてリーグ初のシーズン通算1,000リバウンド達成者となり、そして自身初のリバウンド王に輝き、オールスターでは22得点16リバウンドをあげてウエストチームを勝利に導き、初のオールスターMVPを受賞する。

5

NBAピストンズがペイトン&マローンを加えたレイカーズを倒し、...

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

"巨人のスポーツ"となったバスケットの以後の歴史は、このビッグマンたちの影響力を如何にして抑えるかの工夫の歴史でもあり、ゴールテンディング、制限区域の拡大、3秒バイオレーション、スリーポイントシュートの導入などは、いずれもセンターの影響力を制限する効果があった。 その後からにトレードされるが、プレイすることなく2006年に引退を表明した。

1990

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

オールスター後、ダントーニは「チームがプレイオフに行くには20勝8敗が最低条件」と言及。 そんな状況で迎えたプレーオフでは、1回戦でと対戦。 : 2018-2020 C• マルチカラーボール:ABAコミッショナー時代に採用した赤、青、白の3色ボールは、現在NBAではオールスターで開催されるスリーポイントシュート・コンテストで、マネーボールとして使用されている。

1990

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

選出「20世紀前半の最も偉大な選手」• NBAにとってはこれ以上ない最高のシナリオだった。 15勝1敗でプレーオフを制したことで、レイカーズは当時のプレーオフにおける歴代最高勝率(93. レギュラーシーズン [ ] オールスター [ ]• 2007-08シーズンの冬季トレード市場では、、、ドラフト指名権とのトレードでから2002年のを受賞したを獲得し、大型センタープレーヤーの補強に成功すると再び「西の強豪」となりにも4年ぶりに進出したが、宿命のライバルであるに敗れた。

2

レジェンドのシャックがレイカーズ時代の“ラストダンス”を振り返る

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

12月12日の戦に96対87で勝利し、ロード戦12連勝で首位をキープ。

1月31日(現地30日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが接戦に勝利、ãƒ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

いつしかブルズは「ジョーダンとその他4人」と言われるようになり、またジョーダンもを引き合いに出され、「得点王のいるチームは優勝できない」などの批判を集めるようになった。

20

1950

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

またマイヤーはマイカンの秘めた俊敏性を鍛えるために、ユニークな練習方法を課している。 この能力と彼の長身が組み合わさった結果、敵の放ったボールがリングを通り抜ける直前にブロックするという離れ業が生まれた。