平家 物語 忠則 の 都 落ち。 平家物語2 大納言藤原成親の配流:熊野の説話

NHK高校講座

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

[疾う疾う] 早く早く。 熊野より生立ちて心猛けき者と聞こゆ」とあります。

3

平家物語のあらすじと登場人物(完全現代語訳)

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

「 實盛が錦の直垂を今度着まらした事は、都を 出樣 でさまに 宗盛へ參つて申したは、『一年東國の軍に罷下つて、駿河の蒲原から、矢一つをも射いで逃上つてござる事は、誠に老後の恥辱たゞ此の事でござる。 しかし、直前で法皇に逃げられてしまいました。

NHK高校講座

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

生捕りにせられた者も多かつた 中 うちに、燧が城で心變りをした 齋明威儀師も捕られたと聞えたれば、 木曾これを召寄せて前に引据ゑてやがて首を刎ねられた。 平家に同心を求める願書でしたが、座主はこれを十禅師権現の社殿に納め、三日間加持祈祷の後衆徒に披露しました。

6

NHK高校講座

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

まづその 木曾殿はその頃信濃國におぢやつてござる。 源平争乱勃発以来,治承4 1180 年のの戦,翌年のの戦,寿永2 1183 年のの戦などの合戦に大将軍のひとりとして参戦。

20

『平家物語』名言を集めました!【原文・現代語訳】

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

まず、北国に下った平家軍は、越前国火打ち城で初戦を飾るものの、加賀と越中の境にある礪浪山で、義仲軍に惨敗を喫しました。

12

平家物語2 大納言藤原成親の配流:熊野の説話

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

) 問6 よみ人知らず 問7 「さざなみや」は「志賀」に掛かる枕詞。 世静まり候ひなば、勅撰の御沙汰候はんずらん。 」と申されたれば、 法皇、「仔細にも及ばぬ事ぢや。

10

平家物語『忠度の都落ち』現代語訳(1)(2)

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

三位後ろを遥 はるかに見送つて立たれたれば、忠度の声とおぼしくて、 三位が(忠度の)後ろ姿を遠くになるまで見送って立っていらっしゃると、忠度の声と思われる声で、 「前途 せんどほど遠し、思ひを雁山 がんさんの夕べの雲に馳 はす」と、高らかに口ずさみ給へば、 「行く先の道のりは遠い、(途中で越える)雁山の夕暮れ時の雲に思いを馳せる。

6

平家物語「忠度の都落ち」 解答/解説

物語 の 平家 落ち 忠則 都 物語 の 平家 落ち 忠則 都

此の聲どもが耳の底にとまつて、西海の旅の空までも、吹く風の聲、たつ風の音につけても、只今きくやうに思はれたと、聞えてござる。