多 動 性 障害。 注意欠陥・多動性障害

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

性 多 障害 動 性 多 障害 動

寡動性 ・動きがゆっくりで反応が鈍い ・無気力 寡動性の人数や割合は多くはありませんが、ぼんやりとした印象で、呼びかけても反応が遅く、積極性がないと感じさせる特徴があります。 過活動、衝動性が顕著でないADHDであって、不注意のみが目立つ場合、幼少期には周囲、または自分がADHDであることに気付かない場合も多い。

注意欠如多動性障害(ADHD)の3つの特徴 公認心理師が解説

性 多 障害 動 性 多 障害 動

この流れから「脳損傷児(brain-injured child)」(1947年)の概念が提唱されたが、50-60年代は、確たる損傷の痕跡が見つからないため、ADHDを表す概念として「脳微細損傷(MBD,minimal brain damage)」から、やや表現を抑えた「脳微細機能障害(MBD,minimal brain dysfunction)」が提唱された。

10

注意欠陥・多動性障害

性 多 障害 動 性 多 障害 動

またノートを取る、宿題をする、提出物を出すなどADHDの児童が苦手とする傾向がある(あるいは好きな教科しかしない)。

13

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とLD(学習障害)の特徴について

性 多 障害 動 性 多 障害 動

この結果から算出される有病率の推定値は、1. 自分が興味のあることには驚くほどの集中力を発揮します。 日常生活で起こる様々なトラブルの例を見ていきましょう。 g しばしば質問を終わる前にだし抜けに答え始めてしまう(例:他の人達の言葉の続きを言ってしまう;会話で自分の番を待つことができない)。

13

ADHD(注意欠陥・多動性障害)に向いている仕事の種類と就職・転職

性 多 障害 動 性 多 障害 動

注意を持続しつづけることが難しい。 脳損傷を原因とするMBDの流れとは別に、50-60年代、原因を問わず主症状がある障害と捉えて「多動児、過活動児」、「多動(衝動性)障害」という概念が提案された(操作的診断の先駆け)。

注意欠如・多動性障害

性 多 障害 動 性 多 障害 動

CDC は、4-5歳のADHDに対しては、薬物療法の前にまず心理療法を実施するよう勧告している。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?症状の分類やADHDのタイプ、年齢による特徴のちがい 、診断方法や治療について解説します。【医師が分かりやすく解説】

性 多 障害 動 性 多 障害 動

Social skill trainingをはじめとして適切な行動の修得を促す集団療法も行われる。 しかし才能が豊かだったり、個性を活かして活躍している ADHD の当事者の方がポジティブなメッセージを社会に伝えていくことで、ADHD の人の強みを多くの人に知っていただけるのは大変良いことです。

16